2011年11月5日土曜日

モトコンポの12V化とオイルレベルスイッチ その3

バラすのはネジを1本外すだけです。

ncz50b3_1.jpg

パラリンコ・・・

ncz50b3_2.jpg

ポロリンコ・・・

ncz50b3_3.jpg

老眼には辛いチップ抵抗です。拡大レンズを使わないと読めません。
ICはMC34063のようです。

ncz50b3_4.jpg

バネやUSBポートなど不必要なものを取り外し、リード線をハンダ付けして点灯テスト。
電源は充電器の12Vレンジです。

なんとか使えそうな明るさですな~
で、画像を添付して知り合いにメール。「どやさっ!」

返信メールに、6Vに改造しているページが有るっ!との嬉しい情報が・・・
改めて、「DC-DCコンバーター 100円ショップ」で検索したら、沢山の改造ページが出てきました。有り難い事です。

と言う事で、下記のサイトを参考にさせて頂きました。

100均DCコンバータをプチ改造 │ キャンカーでお出かけブログ

100円シガーライターソケット用DC-DCコンバータをアップコンバータに改造しよう!


では改造しましょう。

ncz50b3_5.jpg

R3のチップ抵抗です。
外れないのでオカシイな~と思ってたら、位置決めのための接着をしてからハンダ付けしてありました。
このR3の交換用チップ抵抗の購入を考えていたんですが・・・

以前、LED用ICリレーの点滅速度を変えるために購入していた、半固定抵抗が有るのを思い出し・・・

ncz50b3_6.jpg

R3の位置にハンダ付けしました。

ncz50b3_7.jpg

これで、1393mVから・・・

ncz50b3_8.jpg

13.90Vまで

ncz50b3_9.jpg

自由に電圧を設定できます。

ncz50b3_10.jpg

完成!
これで、スタンダードの6V用オイルレベルスイッチが使える事でしょー!


0 件のコメント: